青山真治「Helpless」と、山田あかね「すべては海になる」

最近読んだ本が、じつに対照的だった。

ひとつは山田あかねの「すべては海になる」。
淋しさを紛らわせるために男と寝ることをやめられない女性と
崩壊家庭の中で暮らす孤独な男子高校生が出会って・・・という話。
これは一気に読み終わってしまった。

もうひとつは青山真治の「Helpless」「ユリイカ」の2冊。
青山真治の北九州サーガ第1弾と第2弾の小説版。
どちらも、途中で読むのをやめてしまった。
何日かけても読み進めることができなくなった。


まず「すべては~」は主観的だ。
この主人公はダメな自分を客観視している風なのだけど、
そんな主人公を肯定してくれる人が現れる。
結局は自分を肯定してほしいだけかい、ってことになる。
偏見かもしれないけど、これは女性に多い。

主人公の幸せは「主人公」の気の持ちようで決まる。
主人公が希望の光を見出せば、そこには希望の光がある。
映像的にはラストは主人公の顔のアップで終わるだろう。


片や青山真治の2冊。これは客観的だ。
そしてHelplessというだけあって、ほんとに救いがない。
生まれ、環境、持って生まれたもの、
どうすることもできない外的要因によってできあがった現状。
逃げだせない現実。
自分も他人も、誰も肯定してくれない。
そして最後には自分なりの見切りをつけるんだろう。
(まぁ最後まで読んでないのでわからないんだけど)

主人公の幸せは「読む側」の気の持ちようで決まる。
主人公が最後笑っていたとしても、その先にあるのは絶望だけかもしれない。
映像的にはラストは主人公がちいさく映った俯瞰の画で終わるだろう。
(ユリイカは観たけど、忘れてしまった)


全部きっちり読んだのはすべては~だけど、
度々思い出すのはHelplessだろう。

どちらも、うまく生きることのできない不器用な人たちを描いた物語。
まぁ、扱う問題は同じレベルでは扱えないものなのだけど。



あ~。雷が鳴ってる。こわい。
デコもびくついている。。。
by sakamai147 | 2011-08-07 16:17 | 本事

猫のデコ&リオとともに目指すそれなりのシアワセ。


by sakamai147

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

【 links 】
猫と暮らしたいと思った方はこちらをクリックしてみてください。
あなたを待っている子がいます。

ライフボート
(デコはここの卒業生)
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~
里親さがし掲示板
いつでも里親募集中

むさしの地域猫の会

1日1クリック!
1Click Animals
1 Click Animalsへ

日本愛猫党

無口なうさぎとは?
カナダのアニメです。カートゥーンネットワークで絶賛放送中!


【登場人(猫)物】
デコ
2008年7月生まれのイケメン男子。岐阜県出身。体重4キロ。かぎシッポがチャームポイント。名前の由来は「おでこ」ではなくてブラジルのサッカー選手、アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ(通称デコ)より。

リオ
2011年6月生まれのお祭り男子。お笑い担当の般若顔。東京生まれ(近所のタバコ屋さん)。名前の由来はマンUのリオ・ファーディナンド。

ふくちゃん
2012年10月生まれのツンデレ女子。トラウマがあるのか、なかなか触らせてくれないが撫でてほしい。東京生まれ。保護当時、ふくろうに似ていたので、ふくちゃん。


ヨ氏
理数系のメガネ男子。デコにやたらあまい。猫らにとっては「同等かちょっと下」な存在。おやつ担当。

わたし
文系のグータラ女子。どうしたら毎日だらだら過ごせるか考えている。猫らにとっては「お母さん」な存在。

ブログパーツ

Powered By イーココロ!

カテゴリ

猫事
考え事
日々事
映画事
サッカー事
編み事
本事
食べ事
仕事

以前の記事

2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
猫

画像一覧