「動物の命は人間より軽いのか 世界最先端の動物保護思想」マーク・ベコフ著

d0131207_12415361.jpg
救命ボートに人間4人と犬1匹がいる。
だれか1人ないし1匹がボートを降りないと助からない。
その時どうするのか。

今まさに読んでおきたい内容だった。


動物は痛みや苦しみ、不安を感じるか
動物には自意識があるか

答えはもちろん、ある、だ。

わたしは小さい頃から犬や猫と一緒に生活してきたので、
彼らにも喜びや悲しみや苦しみがあるなんて、当然のことだった。
でも、そうでない人もたくさんいる。

「帝国主義的自然観」とよばれる考え方、
つまり、自然や人間以外の動物は、ある種機械的なものであり、
人間の繁栄のためにどのように利用され搾取されてもかまわない、
という考え方が、今も強く根付いている。
(日本ではこの考え方は江戸時代の鎖国以降、浸透したもののようだ)

人間は、そんなに偉いのか。
コンピューターのプログラムを作り、法律を守って生きるのがそんなに偉いのか。
じゃあ人間は鳥のように飛んだり魚のように泳いだりチーターのように速く走れるのか。

それぞれの種にそれぞれの賢さがあり、強さがあり、生きる権利がある。
ただ、動物には人間の脅威(罠や銃や戦争)から身を守れる知恵はない。
だからといって動物たちの命を奪っていいはずがない。

食物になる動物、実験される動物、動物園の問題など、
仕方のないことだと目をそむけてきた問題についても
きちんと書かれていた。
これらのことについて、今からきちんと向き合わなければいけない。
胸がかきむしられるような現実を知らなければいけない。

そのことは広く一般には浸透してないし、
そのことをおおやけに語ることができる空気も残念ながら、ない。

動物の命も人間の命も同等に扱われる世界。
実現するにはどのくらいの時間がかかるかわからない。
それでも少しずつでも変えていくしかない。



この本を読んでわかった大事なことがある。

それは動物を擬人化することが、よいことだということ。
ペットを人間のように扱うことは、よくないことだという風潮がある。
動物と人間は違うんだからと、白い目で見られることはよくある。

でも、動物を擬人化することは、イコール、動物の気持ちになって考えるということだ。
人間同士でも、相手を尊重するときには
相手の立場になって考えることが一番いい。
それは動物だって同じこと。

今、この子が喜んでいるのか、悲しいのか、苦しいのか、
想像してみることが、とても大事だと著者は言っている。



それから食物としての動物のこと。

人間が消費するために育てられる動物は、多くの食物と土地を必要とする。
一人の人に肉を供給するために動物に食べさせる穀物の量は、
約20人の人が1年間、十分に食べていくことができる量だという。

今の自分の環境を考えたときに
肉を食べることをやめる、というのは正直難しい。
でも、その量や頻度を考えることはできる。
わたしが少し肉を食べることを避ければ
いくらかの動物が助かり、飢餓に苦しむ人の助けになるかもしれない。
[PR]
by sakamai147 | 2011-05-03 13:11 | 本事

猫のデコ&リオとともに目指すそれなりのシアワセ。


by sakamai147

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

【 links 】
猫と暮らしたいと思った方はこちらをクリックしてみてください。
あなたを待っている子がいます。

ライフボート
(デコはここの卒業生)
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~
里親さがし掲示板
いつでも里親募集中

むさしの地域猫の会

1日1クリック!
1Click Animals
1 Click Animalsへ

日本愛猫党

無口なうさぎとは?
カナダのアニメです。カートゥーンネットワークで絶賛放送中!


【登場人(猫)物】
デコ
2008年7月生まれのイケメン男子。岐阜県出身。体重4キロ。かぎシッポがチャームポイント。名前の由来は「おでこ」ではなくてブラジルのサッカー選手、アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ(通称デコ)より。

リオ
2011年6月生まれのお祭り男子。お笑い担当の般若顔。東京生まれ(近所のタバコ屋さん)。名前の由来はマンUのリオ・ファーディナンド。

ふくちゃん
2012年10月生まれのツンデレ女子。トラウマがあるのか、なかなか触らせてくれないが撫でてほしい。東京生まれ。保護当時、ふくろうに似ていたので、ふくちゃん。


ヨ氏
理数系のメガネ男子。デコにやたらあまい。猫らにとっては「同等かちょっと下」な存在。おやつ担当。

わたし
文系のグータラ女子。どうしたら毎日だらだら過ごせるか考えている。猫らにとっては「お母さん」な存在。

ブログパーツ

Powered By イーココロ!

カテゴリ

猫事
考え事
日々事
映画事
サッカー事
編み事
本事
食べ事
仕事

以前の記事

2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
猫

画像一覧