カテゴリ:考え事( 147 )

秋。

季節はすっかり秋になった。

デコ&リオが、たまにくっついている。
d0131207_1027064.jpg
リオは基本的にデコ氏が大好きなので、
いつもデコ氏を追いかけまわし、隙あらば遊ぼうとしている。
デコ氏はそれがうざったいことが多い。
涼しくなって追いかけっこばかりしているのだけど、
たまに、こんな風にくっついて毛づくろいをしあっている。
(まぁこの直後に喧嘩が始まるのだけど)
d0131207_1033244.jpg
そんな姿を見かけると、ヨ氏もわたしも「見て見て!」と声を掛け合う。
とってもうれしい光景。

More
[PR]
by sakamai147 | 2012-10-08 11:01 | 考え事

3月11日

2012年の3月11日は、何事もなく終わった。

14:46には、特にそうしようとも思ってなかったのだけど
黙とうをした。無心で目を閉じたのに、涙が出た。

1年前はヨ氏が家にいてくれた。
今日はわたしが家にいた。
猫らをひとりにしたくない。この先の3月11日もずっと。
この子たちをひとりにしない、不安にさせない。
それがわたしの役目。

最近、もうどうにでもなれという感じに投げやりになっていたけど、
気持ちが少し鎮まった。
ひとりだったらいくらでも、どうにでもなればいい。
でもこの子たちのために、しっかりしなくちゃいけない。


1年前、たくさんの人や動物たちの命が失われ、
それから1年かけてさらに多くの命が失われた。
飢えで苦しみ、寒さで苦しむたくさんの命がまだそこにいる。
わたしの近くにも、たくさんいる。

自分と自分の家の子が幸せならそれでいいって、
そういう風にいられたらどんなに楽ちんか。
毎日胸がしめつけられることもない。
でも、いちど見てしまったものは忘れることなんてできない。

なんだかんだ自分に言い訳をして逃げて、
助けられたのに助けられなかったいくつもの命。
それらを抱えながらこれからも生きていくしかないんだ。
死んでしまった命の分まで。

いつかわたしが死んでしまうか、
ボケてしまうか、
世界が終るまで、
ずっと。





--------


あの日からわたしは肉をほとんど食べなくなった。
安すぎる値段で売られる肉を見ることもできない。
人がいなくなって餌がなくなって
どんどん餓死していく家畜たちの映像を見て知る。
部品のように“生産”されていた牛や豚や鶏を。
原発のせいで餓死していく動物たちがかわいそうで、
身動きもとれないような囲いの中から出ることもできず
大きくなり、殺されて肉になっていくのはかわいそうじゃないのか。
コーヒー1杯の値段で食べられる牛丼のために、
どれだけの牛たちがそんな生涯を送っているのか。
なんのためにそんなに肉を食べる必要があるのか。
売り切れないほど並ぶ肉のひとつひとつ、
ひとつひとつの命だったのに・・・。


-------
[PR]
by sakamai147 | 2012-03-12 00:43 | 考え事

悩み事

今週はひとつ、大きな悩み事ができた。
近しい人はみんなやめておいた方がいいと言う。
わたしもそう思う。
でもやらねばならないのなら、やらねばならない。

そんな具合でうちの猫らのことをあまりかまってあげられない。
精神的に。
本当のことを言えば、わたしは、
この2匹の猫らさえ幸せにできれば、それが一番いいのに。
あとはもう知ら~ん、ってできたらどんなにいいだろうか。

悩みすぎて木曜は熱が出た。知恵熱だろうか?


土曜日。
このあたりで地域猫活動をしている人と知り合う。
初対面なのにガッツリ2時間も話し込んでしまった。
聞けば聞くほど、いい話がでてこない。
かわいそうな話やひどい話しかでてこない。

寒さよけの段ボールハウスに猫が逃げ込んだのを
段ボールごとバットで殴る人。
散歩している自分の犬が猫を襲うのを傍観している人。
迷惑だから猫を処分するとか平気で言う人。
そういう人に強く言い返すと、猫たちが虐待されるということ。

どうしたらいいんだろう。

わたしに堪える精神力があるとは思えない。

猫のため、猫のため、と言いつつも、
やっぱり自分が傷つくのがいやなだけなことに気づく。

コメント欄にわたしを強くて優しいと言ってくれた人がいる。
涙が出るほどうれしかったけれど、本当はとても弱い。
弱くて優しい、そして愚図。そんなのはあまり役には立たない。
強くて優しい人になりたい。
強さが欲しいのに、
歳とともにどんどん弱くなっていって困ってしまう。

ぐっちゃんぐっちゃんのまま、やるべきことだけ増えていく。

出口の見えないトンネルに入りこんでしまった気分。
[PR]
by sakamai147 | 2012-02-19 22:21 | 考え事

2012年

年末からずっと、気持が整わなくて
気づいたらもう1月も10日が過ぎていた。
まだざわついているけど、理由が分からない。


それでもいつもと同じ毎日。
猫らも元気。
d0131207_18123953.jpg
d0131207_181157100.jpg
あ、いや、そうでもなかった。
新年早々、リオがお腹で虫さんを飼っているのを発見。
病院に行きましたとさ。
d0131207_1812250.jpg
病院ではやたら無口なリオ。家ではギャオギャオうるさいのに。
そして体重が4.3キロもあった。まだ7カ月なのに・・・。
見た目そんなにおデブじゃないのに、
お肉の密度が高いというか、ミッチリ詰まっている感じのリオ。
そりゃあ朝方、重たいわけだ。


寒い日が続いているけど、公園の猫たちも変わらず。
d0131207_1812585.jpg
d0131207_1812737.jpg
でもやっぱり、公園は人影もまばら。


スタバの新作メニューを頼んだらやっぱり激甘で撃沈。
d0131207_18165698.jpg




今年はどんな年になるかな。
まずは、健康になろうとだけ、きめてみた。
猫たちのためにも、まずは自分の健康をば。
[PR]
by sakamai147 | 2012-01-09 18:22 | 考え事

2011年

あと数日で2011年も終わり。

今年はわたしにとっても日本全体にとっても、
ほんとうにいろいろあった年だった。

東日本大震災。
今までも災害は常にあったけれども、
今回のように身近に恐怖を感じた経験はなかった。

世界中のありとあらゆる場所に人がいて、動物がいて、
そこで暮らしている命があって。
どうにもできないことがあって。
どうにかなるのにできないこともあって。

枯れ葉のように、いつもそこにある命、そして死というものを
景色ではなく、ひとつひとつの大切なものとして認識するようになった。



個人的にも今年はいろいろなことがあった。

まず大きなことは、
むさしの地域猫の会の会員になったこと。
近所の駐車場にいた仔猫のことが気になって、
猫の会に相談したことから始まった。
気づけば広報を担当するようになり、
地域猫のお世話やTNRも経験した。
デコ氏のことだけではなく、猫のことを考える毎日になった。

大変なことも多いけれど、
ずっとずっと、何かしたいと思っていたわたしにとって
大きなチャンスを与えてもらった。
まだまだだけど、“なにか”をできるきっかけを作ってもらった。


そして一番大きなこと。
リオを家族の一員に迎えたこと。

たった3カ月前までは野良猫だったリオ。
たった3ヶ月の間に、わたしたちにとって何よりもかけがえのない存在になったリオ。
この子とこの先十年年も、毎日遊んで眠って、一緒に過ごしていく。
ヨ氏とデコ氏とリオとわたし、病める時も健やかなる時も一緒に。


さて、来年はどんな年になるのか。

何事もなく、同じ毎日がずっと続きますように。
[PR]
by sakamai147 | 2011-12-29 16:27 | 考え事

最後、

昨日は送別会をしてもらった。
最近めっきり飲まなくなったので案の定酔っぱらう。
まぁ最後だからいいか、みたいな気持ちで。

なんにしても“別れる”とか、そういうのは苦手だ。
できればそれを別れとは感じないようにやり過ごしたい。
特別な感じは好きじゃない。

それでも、いろいろたくさんプレゼントももらい、うれしかった。

お花。お花はうれしい。猫らも集まってきた。
d0131207_13312392.jpg
d0131207_13312639.jpg
お花と一緒だとリオもちょっぴり男前。
d0131207_13313038.jpg

猫らにまでプレゼントをもらった。
d0131207_13312064.jpg
リオの噛まれ対象に一個追加。
その他にも猫のハンカチとか猫のマグカップとか、
猫関係のものが多い。猫=わたし、みたいな。

中でもいちばんうれしかったのがこのエプロン。デコとリオがいる!
d0131207_13313329.jpg
やけに似ていると思ったら、お手製(しかも男子によるものらしい)。

こうやって自分のために時間をかけてもらえるなんて、
ほんとありがたいし申し訳ない。
今の職場では淡々と仕事をしてきたつもりだったけど、
2年半の間にこうやって絆みたいなものが紡がれていたんだなぁと感じた。

ありがとうございます。
[PR]
by sakamai147 | 2011-09-30 13:48 | 考え事

週末のできごと。

梅雨に入り、デコ氏は寝てばかり。
猫というのは雨だとあまり動かないものなのだ。
d0131207_0122343.jpg
d0131207_0122788.jpg
d0131207_0123247.jpg


夜は夜で、わたしとヨ氏の上で交互に眠っている。
デコ氏の敷き布団となった人間は
寝返りがうてずにちょっとつらい思いをするのだけれど、
翌日「デコが上に乗って寝ていたんだぞ」と自慢できる。

我が家ではデコ氏に気に入られた方が勝ちなのだ!

・・・

最近、とても楽しみにしているTV番組がある。
「佐野元春のザ・ソングライターズ」

ゲストが毎回、いい。
前回は曽我部恵一、その前はKREVA、その前はサンボマスターの山口隆。
なんと、次回はトータス松本である。

そしてなにより、佐野元春という人が、どんどん好きになってくる。
佐野元春の歌は、ドラマの主題歌になったものぐらいしか知らない。
でもきっと、この人はすばらしい人なんだって思う。
だからきっと、彼が選んだ人たちもすばらしいに違いない。(実際にそうだ)


逆に、毎回憂鬱ながら見てしまう番組もある。
「たけしのTVタックル」

楽しくもないし不愉快になるばかりなのに、
どうしても見ずにはいられない、不思議な番組。

最近のたけしの番組でいちばん好きなのは
NHKで春から始まった「たけしアート☆ビート」

たけしはとっても才能あふれる人だけど、
本人はそれに優越感を感じていないように見える。
素直に、素朴に、そして楽しそうに相手の話を聞く。

(逆に伸助なんかはいつも自慢げなのが好きになれない)

・・・

今週読んだ本

「メディアの迷走 ~誇りなき報道が国を滅ぼす」粕谷一希

原発反対デモを、日本のメディアはなぜ報道しないのか。
それを知りたかったのだけど、直接的な答えはなかった。

でも、結構考えさせられたし為になった。

・・・

日曜に靴下なんかを買うためにユニクロにいった。
まぁなんと安いことか。
お茶代と同じ値段で衣類が買えるとは、おどろきだ。

モノの価値は、どんどん変化している。
スーパーに売っている肉の値段は安過ぎる。
この値段でその肉を売るために、彼らがどんな状況で飼育されているか。
それは生き物を扱う場所ではなく、まるで工場。
これでは牛や豚や鳥への感謝の気持ちも薄れてしまう。

・・・

これからはなるべく
動物実験をしていないメーカーのものを使っていこうと思っている。
シャンプー、化粧品、洗剤など。

なのにスーパーに並んでいるものは動物実験をしているメーカーのものばかり。
そうでないものを探すのはとても難しい。

人間はそうやって、安全や安心を得ている。
こわい世の中。こわい人間。わたしもそのひとり。
[PR]
by sakamai147 | 2011-05-30 00:26 | 考え事

福島の動物たち

奈良県の獣医師、今本先生が先週いくつかのTV番組に出演した。
今本先生は福島に何度も行き、家畜たちを救うためにがんばってくれている。

VOICE 獣医師が見た半径20k圏内は今

ワイドスクランブル 20キロ圏内残る家畜の壮絶実態激撮

この放送の反響は大きかったようで、
プロデューサーから継続取材しますと言ってもらえたり、
ほかの番組(やじうまTV)からのオファーもあるという。

TVの力はすごいので、たくさんの人に知ってもらえる。
世論が高まれば国だって動いてくれる・・・はず。
だってそれが民主主義じゃないか。
今の日本がちゃんと民主主義かどうかってことは、おいといて。


震災から2ヶ月半、
世の中は節電のこととか原発のこととか政局のことばっかりで、
東北以外の地域の生活は元に戻りつつある。

警戒区域の一時帰宅のニュースをみると
必ずペットや家畜のことが少しだけ流れる。

「猫のために餌を持って行ったが、昨日あたりに死んでいた。
 あと2~3日早かったら生きていたかもしれない」

「飼っていた犬が死んでいた。頭がなかった。いのししにでも食われたのか・・・」


今この瞬間も、たくさんの命が消えていっているということを忘れてはいけない。
助けて、助けて、と言っている動物たちがまだたくさんいるということを。
[PR]
by sakamai147 | 2011-05-28 12:55 | 考え事

ファーム・サンクチュアリ

先日政府より、警戒区域内の家畜の殺処分の指示がでたが、
その後殺処分に反対する人たちが動き、昨日になって進展があった。

予算委員会で城島議員が殺処分を批判し、
ファーム・サンクチュアリ構想を提示してくれた。

ファーム・サンクチュアリとは、アメリカにある畜産動物の牧場型シェルターのこと。

そして鹿野農林水産大臣から
「安全への配慮から立ち入りが制限されてきたところであるが、学術的な意義があるなど公益性が認められる。スクリーニング、除染等が的確に適切に行われる。大学などの受け入れ機関において十分な監視が行われる。食用には供しない。など一定の条件下で、具体的な要望について検討する。」
という答弁をひきだした。

委員会終了後、たかむら議員が菅総理に直談判した際には
菅さんは「そういう(警戒区域内の動物を生かす)ことが出来るなら、検討してみてくれ」
と言ったという。
たかむら議員のブログより。

ファーム・サンクチュアリが動きだそうとしている。

ボスの了解が得られたのなら、次に進める。
まだまだ超えなければいけないハードルはあるだろうし、
まさしく牛歩のごとくゆっくりと進むことになるかもしれないけど、とにかく、だ。


ファームができたら、わたしもきっと遊びに行こう。
[PR]
by sakamai147 | 2011-05-17 17:11 | 考え事

原子力はもういらない。

昨日、ETVで福島原発事故の特集がやっていた。

科学者たちが福島の放射能汚染地図を作るという内容だったが
避難している人たちの取材も織り交ぜられていた。

最後は飼い犬と飼い猫に餌をあげにきた人の同行取材で終わる。

避難所へは連れて行けないからと家に置きざりになった犬。
鎖を外され、ご飯を食べている隙に飼い主は車に乗り込み、家を離れる。
犬は、すぐに追いかけてきた。
何日も食べていなくて、それでも、ご飯よりも愛情なのだ。
懸命に、どこまでも、ずっとずっと、必死に追いかけてきた。


それを見て、わたしはもう、原子力はいらないと決めた。
今までは、原発には反対だけど、
そうはいっても原発がないと日本は発展していかないし、
今までと同じ生活は維持できないし・・・と思っている節があった。

でも、もう二度と、誰にも、どの子にも、あんな思いはさせられない。
日本という国の経済成長が後退したとしても、
電気が足りない不便な生活を強いられるとしても、
なにがあったってもう、二度とこんなことゴメンだ。




それからずっと、飼い主の車を追いかけるあの子の姿が頭から離れない。
あの子の姿に、バロンのことが重なってしまうのだ。

バロンは実家で飼っていた犬で、
わたしが14歳のときに我が家にやってきた。
それからずっと、バロンはわたしの大切な家族で、相棒だった。
学校や仕事に行っている以外はずっと一緒だった。
なのにわたしは24歳のとき、家を出てひとり暮らしを始めた。
自分のことしか考えなかったわたしは、
相棒のバロンを置いて、家を出てしまった。
急に相棒が居なくなって、バロンはどんな気持ちだっただろう。
人間の勝手な都合で、今までずっと一緒だったのに、急に置いて行かれた。
昨日のあの子と、同じだったんじゃないだろうか。

(実際のところはバロンは父親の犬だったし、父親のことがいちばん好きだったのだけど)

このことをわたしはずっと後悔している。
これからもずっとずっと、一生後悔し続ける。

その思いが、あの子に重なってしまった。
もうあんな思いをするのは絶対、絶対、絶対にいやだ。


だから、短絡的と言われようが、感傷的と言われようが、

原子力はもういらない。
[PR]
by sakamai147 | 2011-05-16 23:57 | 考え事

猫のデコ&リオとともに目指すそれなりのシアワセ。


by sakamai147

プロフィールを見る
画像一覧

【 links 】
猫と暮らしたいと思った方はこちらをクリックしてみてください。
あなたを待っている子がいます。

ライフボート
(デコはここの卒業生)
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~
里親さがし掲示板
いつでも里親募集中

むさしの地域猫の会

1日1クリック!
1Click Animals
1 Click Animalsへ

日本愛猫党

無口なうさぎとは?
カナダのアニメです。カートゥーンネットワークで絶賛放送中!


【登場人(猫)物】
デコ
2008年7月生まれのイケメン男子。岐阜県出身。体重4キロ。かぎシッポがチャームポイント。名前の由来は「おでこ」ではなくてブラジルのサッカー選手、アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ(通称デコ)より。

リオ
2011年6月生まれのお祭り男子。お笑い担当の般若顔。東京生まれ(近所のタバコ屋さん)。名前の由来はマンUのリオ・ファーディナンド。

ふくちゃん
2012年10月生まれのツンデレ女子。トラウマがあるのか、なかなか触らせてくれないが撫でてほしい。東京生まれ。保護当時、ふくろうに似ていたので、ふくちゃん。


ヨ氏
理数系のメガネ男子。デコにやたらあまい。猫らにとっては「同等かちょっと下」な存在。おやつ担当。

わたし
文系のグータラ女子。どうしたら毎日だらだら過ごせるか考えている。猫らにとっては「お母さん」な存在。

ブログパーツ

Powered By イーココロ!

カテゴリ

猫事
考え事
日々事
映画事
サッカー事
編み事
本事
食べ事
仕事

以前の記事

2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
猫

画像一覧